MR.BRAIN・第1回あらすじ:木村拓哉 主演!MR.BRAIN(ミスターブレイン)のドラマ情報



スポンサードリンク

ドラマMR.BRAIN(ミスターブレイン)・第1回あらすじ

ドラマMR.BRAIN(ミスターブレイン)動画 MR.BRAIN 予告CM


ドラマMR.BRAIN(ミスターブレイン)・第1回あらすじ 2009年5月23日(土)放送

九十九龍介 (木村拓哉) は5年前、ホストクラブに勤めていた。
仕事からの帰り道、事故に遭い頭部を強打し病院に運び込まれる。
九十九は脳外科手術を受けることになった。
しかし九十九の脳にはとんでもない変化が起きていたのだった。
九十九(木村拓哉)の現在の職場は警察庁科学警察研究所、通称、科警研。
職場へ向かおうとしたところ、都内の爆弾事件の犯人と間違われ、巡回中の刑事、船田 (ユースケ・サンタマリア)に捕まってしまう。
警視庁捜査一課の丹原 (香川照之) と林田 (水嶋ヒロ) は現場付近をうろついていた九十九を犯人だと決め付け九十九を問い詰める。
しかしその時既に九十九は爆弾事件の真犯人を見抜いていた。
事件は解決し九十九(木村拓哉)の容疑も晴れる。
しかし丹原は面目をつぶされ面白くなかった。
一方、林田は事件を解明した九十九に尊敬の念を抱く。
九十九は初日から遅刻したことを科警研の法科学部長、佐々(大地真央)に注意されながらも由里和音 (綾瀬はるか) を助手として紹介される。
和音は、九十九(木村拓哉)が予想以上のカッコよかったのでまんざらでもない様子。
その夜、殺人事件が起こる。
省庁の役人が連続して殺害されたという。
2人の被害者は建設業界の談合撤廃に関わっていたということで、霞ヶ関は不安に包まれる。
警視庁、組織対策4課の 武井 (市川海老蔵) からはある暴力団が事件と前後して不穏な動きを見せているという情報が入ってきた!
posted by brainmr at 09:17 | MR.BRAIN・第1回あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。