MR.BRAIN・第2回あらすじ:木村拓哉 主演!MR.BRAIN(ミスターブレイン)のドラマ情報



スポンサードリンク

ドラマMR.BRAIN(ミスターブレイン)・第2回あらすじ

ドラマMR.BRAIN(ミスターブレイン)・第2回あらすじ2009年5月30日(土)放送
ある日、両手と左足を切断された死体が発見される。
被害者は北千住署の刑事、津村修介 (神保悟志) だった。
津村の部屋は荒らされており、犯人のものと思しき指紋が検出された。
早速、警察で前科者の指紋と照合してみたところ、それは3年前に逮捕された連続殺人犯、竹神貞次郎 (Gackt)のものだった。
竹神は、3年前に4人を殺害し手足を切断して食べるという事件で逮捕された。
竹神は死刑判決を受け、1年前すでに死刑が執行されこの世を去っていた。
今回の事件の被害者、津村は竹神を逮捕した刑事だったのだ。
捜査一課では、竹神が死刑を執行される前、必ず生き返る、という言葉を残していたのを思い出し本当に竹神が甦ったのではないかと恐怖感さえ漂っていた。
そんな折、また竹神の事件の事件の鑑識、高田英一 (福井博章)が殺されるという事件が起こる。
そして、またもや事件の現場からは竹神の指紋が検出された。
九十九 (木村拓哉) は新人の刑事、林田 (水嶋ヒロ)と一緒に事件の現場を訪れるが、3年前に竹神が起こした
事件に疑問を持ち!・・・
posted by brainmr at 12:33 | MR.BRAIN・第2回あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。