MR.BRAIN・第3話あらすじ:木村拓哉 主演!MR.BRAIN(ミスターブレイン)のドラマ情報



スポンサードリンク

ドラマMR.BRAIN(ミスターブレイン)・第3話あらすじ

ドラマMR.BRAIN(ミスターブレイン)第3話あらすじ 2009年6月6日(土)放送

殺人事件がとある大学病院内で起きた。
捜査にあたるのは丹原 (香川照之) と 林田 (水嶋ヒロ)の2人の刑事。
2人は設置されている監視カメラの映像を丹念に調べるが犯人らしき人影は見当たらなかった。
確認できたのは院内の扉が開き、直後に被害者が悲鳴を上げながら倒れるという謎の映像のみ。
丹原と林田は、これではまるで透明人間の仕業だと途方にくれる。
そんなところへ、九十九 (木村拓哉)が現れる。
九十九(木村拓哉)は今回の事件に興味深々なのだった。
殺されたのは大学病院の教授だったのだが、犯行当時、現場にいた医師、和久井 (亀梨和也) ほかその他の病院関係者も監視カメラには写っていなかった。
九十九(木村拓哉)はこの透明人間による殺人事件を科学的に解明しようとするのだった。
しかしまたしても透明人間による犯行が起きる。
被害者は、和久井の婚約者で研修医の後藤めぐみ (相武紗季)。
幸にも命に別状はなかったが、頭を強打したためめぐみは記憶喪失になってしまう!・・

ドラマMR.BRAIN(ミスターブレイン)・第3話のゲストは若い医師・和久井雅和に亀梨和也、和久井の婚約者で研修医の後藤めぐみに相武紗季、医師や病院関係者に小市慢太郎、平山浩行、品川 徹、奥田達士、杉本哲太など。
posted by brainmr at 12:58 | MR.BRAIN・第3話あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。