MR.BRAIN・第6話あらすじ:木村拓哉 主演!MR.BRAIN(ミスターブレイン)のドラマ情報



スポンサードリンク

ドラマMR.BRAIN(ミスターブレイン)・第6話あらすじ

ドラマMR.BRAIN(ミスターブレイン)・第6話あらすじ2009年6月27日(土)放送

殺人事件が発生した。
被害者は都議会議員の松下百合子 (大沢逸美)。
松下は銃で撃たれて殺害された。
丹原朋実 (香川照之) と 林田虎之助 (水嶋ヒロ) は現場に残された弁当から犯人のものと思われる指紋とDNAを検出した。
浮かび上がってきたのは秋吉かなこ (仲間由紀恵)。
かなこはなんと15年前の誘拐事件の被害者だった。
そして被害者の松下は、当時かなこが通っていた小学校の担任だった。
科警研・行動科学研究室のの浪越克己 (井坂俊哉)が中心となって犯人のプロファイリングが行われることになった。
そんななか同一の手口による第2の殺人事件が島根で起こる。
九十九 (木村拓哉) と浪越は、犯人の行動に統一性がないことから多重人格者の犯行ではないかと考えていた。
しかしベテラン刑事の丹原らは共犯がいるに違いないと主張し九十九 (木村拓哉)の意見をまるで相手にしないのだった。
そして、かなこが通っていた小学校の同窓会の日が近づいてきたのだが・・

MR.BRAIN(ミスターブレイン)・第6話のゲストは仲間由紀恵、大沢逸美です。
posted by brainmr at 10:13 | MR.BRAIN・第6話あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。